旧国鉄長野原線は、太子線(おおしせん)とも呼ばれていた。
日本鋼管鉱業株式会社の専用側線として、群馬鉄山で採れた鉄鉱石を太子駅から鉄道を使って出荷されていました。
群馬鉄山はこの場とは別の場所にあり、太子駅までは、索道(空中ケーブル)により鉄鉱石が運搬されていたそうです。どうせなら索道も見たかったな。

tise2801.jpg

現役時の太子駅(群馬県HPより引用させていただきました。)

近くにあった説明版

oosok1999.jpg


来たーーーーーっ!

oosik2007.jpg


駅票も残っています。

oosik2001.jpg


線路止めが残っていることが、ここに間違いなく線路が敷かれていたことを物語っている。

oosik2004.jpg


けっこう大きなホッパーで、下にもぐると迫力あります!

oosik2008.jpg


oosik2009.jpg


ちょっと上に登ってみる。

oosik2020.jpg


あ~ここに選鉱所が建ってたのね~ と思ったらじわじわと感動してしまった。

oosik2017.jpg


鉱山も駅も現役だったころから残っているらしいトイレ

oosik2022.jpg


よ~く見ると、なんとなくホームだった形跡が残っている。
ここは今整備中らしいです。
なんかのHPで見たんだけど、ここを観光の目玉として開発しているらしく、なんと太子駅を完全に復元し、ほんものの機関車を走らせる計画があるそう。しかもすでに機関車は準備してあるようです。
ん~気になる~

oosik2026.jpg



近くには、関係あると思われる遺構

oosik2038.jpg


こちらも通り道で見つけた鉱山関係らしい遺構
コーフンするわぁ

oosik2040.jpg


どうやら、この付近には、廃線跡や隧道、鉄橋などが残っているらしい。
整備されてきれいになる前に、長野原駅から太子駅跡まで遺構を探しながら歩いてみたい。



関連記事
スポンサーサイト
2016.03.21 Mon l 廃線 トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://sirotainikki.blog.fc2.com/tb.php/501-0eaa4992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)