上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「史跡 生野銀山」 の入り口にやって来ました。
本来なら一番に入るとこなのに、一円電車のとこで1時間も費やしてしまった

ikn1112.jpg


生野銀山のマネキンたちは、お役人さまに限らず鉱夫さんもすべて超イケメンだった

ikn1118.jpg


フランス人技師の『ジャン・フランソワ・コアニエ』氏
この方がいなかったら、日本の鉱山はどうなっていたか・・・

ikn1123.jpg


生野代官金香瀬番所 (いくのだいかんかながせばんしょ)
「通行手形のない者 立ち入り禁止」
ないけど、入っちゃったもんね~

ikn1126.jpg


狸堀り の跡

ikn1132.jpg


下川戸坑口

ikn1133.jpg


出賀坑口

ikn1136.jpg


レンガだ!
この感じは「イギリス積み」。何が建っていたんだろ・・

ikn1139.jpg


露天掘り跡

ikn1141.jpg


辰巳坑口

ikn1142.jpg


名もない坑口だって見逃しません。

ikn1143.jpg


荒木坑口

ikn1144.jpg


小日向坑口

ikn1145.jpg


覗こうとしたら 「毒まむし注意!!」っていう看板があったのでクジけた。

ikn1147.jpg


金香瀬坑口の近くによると、明らかに温度が低い涼し~い風が吹いてきた。
坑道に入ると・・・

ikn1235.jpg


坑内のマネキンくん達もやはりイケメンだ

ikn1161.jpg


ikn1184.jpg


立坑を覗く

ikn1189.jpg


巻き上げ機もスケールが違います

ikn1213.jpg


その上を見上げると・・・ロープに乗ってこの上に行きたい

ikn1216.jpg


鉱夫さんたちが、出勤する風景

ikn1218.jpg


ここの他にも別の坑口とか鉱山住宅とかありそうだよね… ニヤリ


関連記事
スポンサーサイト
2015.06.24 Wed l 生野・神子畑 トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://sirotainikki.blog.fc2.com/tb.php/451-d71b342f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。