白たい 喘息の持病がある。
なので、毎年のように初冬から桜の咲く時期くらいまでちょっとでも油断をすると文字通り「死活問題」になる。

で、最近ヤバい感じだったので病院に薬をもらいに行ってきた。
そこで、今回初めて診てもらったドクターの腰が低すぎること。 も~ビックリ!!

ドクター「診察させていただいてよろしいですか?
     失礼します。胸の音を聞かせてもらってよろしいでしょうか?
     左の胸から喘鳴が聞こえますね。 夜息苦しくないですか?」
  
     白たい心の声  なっなんだこの先生・・・( ゚ ▽ ゚;)
白たい 「はい。咳もずっと出てるし、気管がずっと痙攣してて横になって寝ると苦しいです」
ドクター「それは大変ですね。ではお薬を出させてください。よろしいですか?」

( ゚ ▽ ゚;)へっ!
     白たい心の声  だから薬をもらいに来たんだって
白たい「はい。お願いします

ドクター「気管支を広げるお薬と、お咳を鎮めるお薬と・・・
     申し訳ありません。ステロイドを吸入するお薬を出させていただきたいのですがよろしいですか?」

( ゚ ▽ ゚ ;)へっ!
白たい「はい。お願いします
ドクター「ありがとうございます。お薬をお飲みになるのも負担で大変でしょうけど、1日3回飲んでいただけますか?
     ホント14日分もお出ししてしまって申し訳ありませんがお薬がなくなる頃また来てくださいますか。ご足労おかけして申し訳ありませんがもう一度様子を診させてください。」

( ゚ ▽ ゚ ;)へっ!
白たい「はい。分かりました。お世話さまでした
って診察室を出ようとすると、
ドクター「お咳は、自分で調節できるものじゃないからツラいですよね。あきらめず頑張りましょう。お疲れさまでした」
と、労いの言葉まで掛けてくれた

ん~ これが今の守りの病院体質「患者様扱い」 ってことなのか? 
確かに、最近はワケのわからないスーパークレーマーが増えているから分からなくもないけど、ちょっとやりすぎじゃないか・・・。
威張る必要はないけど、もっと普通でいいと思う。

昔は「教師」や「お医者様」といったら【怖い】というイメージで一目置かれていたものだが・・・時代は変わった

関連記事
スポンサーサイト
2013.12.13 Fri l 日常 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

お医者様
今は医者の人数が少なくて病人を短い時間で診察しているのに珍しいいですね

親切丁寧で…

大きな病院は、紹介状がないとなかなかみてくれないし、診察代金が高くなりますね

行き着けの病院を決めておくのがよいです
2013.12.14 Sat l とち. URL l 編集
とちさん
ネットで予約してから行くのでそんなには待たされないので助かります。

掛かり付けの病院 かれこれ長くお世話になってます~
が、院長先生以外は他の病院から当番で来ているドクターなので、診ていただくドクターが毎回違います。果たして「掛かり付け」というのか・・・
2013.12.15 Sun l 白たい. URL l 編集
先生
年末オークションの時同じ席に座った人たちで盛り上がった話題は中高の先生の話
やはり先生は見上げる存在じゃないといけませんが結論でした
公立校教師のうち多くの割合で心身症になっているけど私立校の教師はそうならないのはなぜか
クレーマーの親のボンクラ生徒は退場させる方法(即退学)という伝家の宝刀を持っているんで見上げられているものね
今の子供の親を教育できなかった私たちの年齢帯がだらしないつけが公立校教師に迷惑をかけていてスマソ
2013.12.15 Sun l テンジン. URL l 編集
テンジンさん
オークションお疲れさまでした(^∇^)

やはり「先生」と呼ばれる人は尊敬できる人物像であってほしいです。
「丁寧な対応」と問題が起きないように「ご機嫌をとっておく」のとでは全く意味が違うとお思います。

以前誰かが言ってましたが、
時代とともに物が豊かになるにつれ人の心は貧しくなった。

ってことなのでしょうか・・・。
2013.12.15 Sun l 白たい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sirotainikki.blog.fc2.com/tb.php/268-97745c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)