上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
スネークセンターで有名な?薮塚温泉を過ぎ、山道を下ること数分。多分この辺・・・
て思って車を置いて靴を履き替え、山に入る。
なんとなく道が出来ていたので、進んでいくと
見えてきた!

yabutukaDSCN4334.jpg


古代神殿を思わせる神秘的な景色が広がる。
この場に立つと、神々が降りて来たような厳かな空気に包まれる。

yabutukaDSCN4316.jpg


解説版も立っていた。
石切り場
今から凡そ二千万年前位に多くの火山活動によって堆積された軽石凝灰岩が地殻の変動で隆起し各地に露出して藪塚石となった。この薮塚石は明治の中頃から小規模に採掘をしていたが、明治三十六年より薮塚石材株式会社が創立され盛んになり始めた。質はやわらかく細工もしやすく、価格も安かったので建築物の土台や塀、熱に極めて強かったのでカマドとして発売された。大正二年に東武鉄道が布設されると、販路も関東諸府県から長野県に至るまで藪塚石の名は広まった。当時労務者は三百五十人位であった。
しかし藪塚石の最大の欠点は水に弱く、中に小石がある事、層に割れ目が多い事などで、同質の大谷石と比べ多くの人件費がかった。質に於てだんだん嫌われていった。
そして、現在各所にこの様な大きな採掘跡を残して昭和三十年頃に閉山のやむなきに至ったのである。

とゆーことです。あ~疲れた^^;

yabutukaDSCN4310.jpg


静寂の中に、独特の雰囲気とマイナスイオンを感じさせる。

yabutukaDSCN4319.jpg


見た目は、宇都宮の大谷石にも似た感じ。

yabutukaDSCN4321.jpg


天井には、石屋さんの名前が書いてあった。

yabutukaDSCN4322.jpg


所々に、足場を掛ける穴があいている。

yabutukaDSCN4331.jpg


ここは、手彫りで採掘していたらしく、石の形がリアルに残されていた。
こういう・・・当時の職人さんが手を入れていた形跡・・・どんな思いで仕事をしていたのだろう
なんて勝手に妄想しキュンとなる。

yabutukaDSCN4329.jpg


最初から最後までずっと上を向きっぱなし(笑)

yabutukaDSCN4327.jpg


出来ることなら、この薮塚石を使った「塀やカマド」など見たみたいものだ。

そして帰ってきて調べてから知ったのだが、大正2年から昭和30年までは、この場から最寄りの薮塚駅まで線路がありトロッコが走っていたらしい。
見たかった・・・。

yabutukaDSCN4326.jpg



関連記事
スポンサーサイト
2013.11.07 Thu l 白たい廃探索記 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

神秘的
大谷石に似ていますが、質が違うのですね
大谷石はいい石なのですね

トロッコも走っていたのですか

でもなかなか、良いところですね

スネークセンターには行ったのですか?
2013.11.07 Thu l とち. URL l 編集
2回ほど行きましたがなんだか遺跡みたいな場所でいいですよね。
もちろん近くにあるレトロ自販機のオレンジハットは行きましたよね?
2013.11.07 Thu l ズズ. URL l 編集
直線的風景
石切り場とあって
全てが、直線的ですね
なかなか自然界でない空間
私も行ってみたいナー
2013.11.08 Fri l 1192. URL l 編集
とちさん
なかなか素敵なとこでしたよ!

大谷石 最近は、宇都宮でも外壁やオブジェなど、オシャレなデザインで使用されているのを見掛ける機会が増えた気がします。
また見直されて来ているようですね♪

今は、どこで採っているんだろう・・・ちょっと見たい。

スネークセンター?
我が家のどっかに潜んでいるヘビ君だけで充分です(汗)
2013.11.08 Fri l 白たい. URL l 編集
ズズさん
え~っ!?
ズズさん行ったことあったんですか~??

しかも・・・『オレンジハット』?
そこも、うどんやトーストの自販機が置いてあるんですか?

あ~ 聞いて行けばよかったです。残念。
紅葉の頃また行ってこようかな・・・♪

2013.11.08 Fri l 白たい. URL l 編集
1192さん
そーなんです。
人が手を加えた、云わば人工的な遺構。
この空間はなんとも言えない独特のものがあります。
ちょっと、細尾発電所の空気と似ている気がしました。

ここは、葉っぱが落ちた冬よりも、深緑の時期か、紅葉の時期の方が神秘的な気がします。
薮塚温泉一泊ツアーなんてのもいいかも知れませんよ~(^∇^)
2013.11.08 Fri l 白たい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sirotainikki.blog.fc2.com/tb.php/250-49b5658a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。