上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『今は亡き足尾の廃墟たち』シリーズ。今回は深沢地区を!
深沢と言ったらやはりこの風景でしょう! 
ここは、平成10年まで居住していた方がいたらしい。
明治の頃、通りから深沢地区に入る道をどこまでも行くと日光まで繋がっていたそうで昔は馬を引いた旅商人が近道として通っていたようだ。

深沢DSC00390


深沢のメインストリートを入っていくと

深沢DSC00391


独特の空気が漂っていて、すべてが『廃』の世界になる。

深沢DSC00392


深沢DSC00393


オートバイが忘れられていた。

深沢00394


深沢DSC00396


深沢DSC00402


ススキに覆われちゃっているが、ここは公園だったらしく滑り台と鉄棒だけがひっそりと佇んでいた。

深沢DSC00405


共同水場。
各長屋に一つの割合で併設されていた。
朝昼晩 社宅に住んでいたお母さんたちはここで食事の準備や後片付けをしたり、井戸端会議をしたりしていたのだろう。

深沢DSC00409


深沢DSC00411


深沢DSC00414


深沢DSC00400


深沢社宅がなくなる前・・・最後に行ったとき
この時は、満開の桜を期待して行ったんだけど・・・
さすが足尾! 残念ながらまだ早かったみたいで、木蓮が咲いていました。

深沢DSC00944


深沢DSC00945


まさか これが最後になってしまうとは・・・思わなかった

関連記事
スポンサーサイト
2013.06.15 Sat l 足尾 ・ わ鉄 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

ここも
無くなってしまいましたね
何度も行きました
いいところでしたが残念です
今は新地になり、桜の木が植えられていますね
2013.06.16 Sun l とち. URL l 編集
エー
ここも無くなったのー
壊す理由あるのかな・・・
火事が、起こるかも・・・
絶対ないとは、言えないけど
これまで無事だったんだからねー
一度 風呂に入りたかったナー
ここじゃないけど
2013.06.16 Sun l 1192. URL l 編集
とちさん
通りから見えるレンガの防火壁のみになってしまいましたね。

実は解体後は一度も行ってないんですが、滑り台とかもなくなってしまったんでしょうか・・・
2013.06.16 Sun l 白たい. URL l 編集
1192さん
そうなんです。
足尾がどんどん更地化していきます

確か ここを解体する1年くらい前に、深沢の三養会(足尾の生協)が火事になって全焼してしまいまして・・・
それも原因の1つかも知れません。
2013.06.16 Sun l 白たい. URL l 編集
深沢
社宅跡では一番気に入っていたところで行ったときは必ず寄っていました
DT250の残骸があった社宅は集会場だったんでしょうね

解体の始まりはあっちの生協と風呂が最初でしたね
こんなに早く無くなっていくとは思いませんでした
2013.06.17 Mon l テンジン. URL l 編集
テンジンさん
ホントです。

私もこの深沢が大好きでした。
歩いていると 当時遊んでた子供たちの声が聞こえてくる様な錯覚さえおこしそうな・・・。

みんな小滝のように自然に還ってしまうんですねi-241
2013.06.17 Mon l 白たい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sirotainikki.blog.fc2.com/tb.php/191-954accb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。