東野鉄道は、1918年(大正7年)に西那須野 ~ 黒羽間で開業し、人々だけではなく農作物の輸送や、軍事物資の輸送にも利用されていたが、時代とともに、バスや自家用車の普及、また輸送手段がトラックやダンプカーへと移行し、黒羽 ~ 那須小川間は1939年(昭和14年)に廃止。続けて、西那須野 ~ 黒羽間も、1968年(昭和43年12月)に廃止となり51年間の歴史に幕を閉じた。

東野鉄道 現役時の機関車(大田原駅にて)「那須野が原鉄道100年の歴史」よりお借りしました。
カッコイイ~♪

東家


現在 東野鉄道の遺構はほとんど残っていない。。
でも、線路が通ってた場所(現在はただの道路)や貴重な跡を探しに行ってみた。
ここが線路だったなんて言われてもわからないね。

DSCF7067.jpg


ある民家の裏の道 
ただの藪藪~ こんな所にホントに鉄道が敷いてあったの???

DSCF7056.jpg


んんっ!? なんか見える!

DSCF7051.jpg


キタ━━━━(≧∇≦*)〃━━━━!!
大田原隧道(おおたわらずいどう)

DSCF7049.jpg


しかもレンガ造りじゃない~(* ̄▽ ̄*) タマラン
中に入れないのが残念だけど 
すご~い ホントにあったんだぁ~。 超感動

DSCF7045.jpg



そしてもう一か所!鉄道があった場所。
乃木神社に入る参道を横切るようにあるまっすぐな道。西那須野駅から続いていた。
この道は「ぽっぽ通り」 という名前が付いていた。これは鳩ポッポではなく、もちろん汽車ぽっぽからつけられている。
通りから入るとすぐのところに、SLをかたどった遊具?モニュメント?ベンチ?のようなものが見えた。

DSCF7079.jpg


なんかよくわかんないけど、馬車の車輪だそう。

DSCF7068.jpg


そして『乃木神社前駅』のホームの跡。
実際には、乃木神社前駅はこの場所ではなく、この写真の右奥の向かい側にあったようで、この場に移動され復元されたようです。

DSCF7084.jpg

DSCF7088.jpg

DSCF7085.jpg


でも雰囲気ありましたよ~♪

こんなひっそりとじゃなく もっと大々的に残してくれてらいいのに!って思いました。
関連記事
スポンサーサイト
2013.01.12 Sat l 廃線 l コメント (13) トラックバック (0) l top

コメント

何時の間に
おっと行かれたのですか
私も行ったところがない写真がありますね
マニアック・・・・
でもトンネルのところは草が凄いですね
以前と違います
http://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2012-01-30-1

でも白たいさん、今年は走っていますね~
廃墟系へ・・・・
2013.01.13 Sun l とち. URL l 編集
とちさん
あはは~それほどでも~(* ̄▽ ̄*)

とちさんも知らないとこがありましたか! ← 優越感♪

今年は、行ける時にはどんどん行こうと思いまして・・・
2013.01.13 Sun l 白たい. URL l 編集
よく見つけたネ
立派な隧道ですね
これは、もっと ちゃんと残して欲しいなー
でも 今の時期だから発見出来たんだろうね
夏場だったら もっと草だらけで
近寄れなかったのでは
とちさんのブログにも あったとは
知らなかった
レスを見ると 兄ちゃんのないから
読んでなかったんだろうなー
それにしても
乃木神社前のホームも良いねー
2013.01.13 Sun l 1192. URL l 編集
こんなに可愛いSLが走っていたなんて凄いですねー。
私、現役の鉄道好きでしたが、白たいさんの廃線シリーズを拝見していたら、最近はこういう廃線もいいなと思うようになりました。
2013.01.13 Sun l C62. URL l 編集
1192さん
でしょ でしょ~
この隧道を目の前で見た時は コーフンしましたよ~
これはぜひとも保存してほしいです。

乃木神社前駅は、実際は 神社をモチーフにした駅舎があったそうです。
ネットで探してみましたが、残念ながら画像は見つかりませんでした。
見たかったですね・・・

他にもう一か所残っているホームがあるようなので次回探しに行ってみます!
2013.01.13 Sun l 白たい. URL l 編集
C62さん
現役の鉄道もいいけど・・・
廃線もいいでしょ 私の専門はこちらです。
現役当時は最先端で活躍していた列車たちが時代の流れで余儀なく引退し跡だけが残されている。
その中にいろいろな人の手が携わって、色々なドラマがあって今があるのです。
現在の在来線や新幹線などの最先端の列車があるのもこういった歴史があったからこそなのです。私はそういう思いが跡形もなくなってしまわないうちに見ておきたいのです。
2013.01.13 Sun l 白たい. URL l 編集
よく見ると
隧道の塞ぎ方も丁寧だね
もともとは、上から下まで
角材で塞いでいたようだけど
完全に角材で塞がれている時の
画像を見ると
これまた 煉瓦同様綺麗だよ・・・
2013.01.14 Mon l 1192. URL l 編集
追伸
東野鉄道って
現在は、東野交通として
存続しており
今は、バスとロープウェイを運行している
会社のようですね
本社は、とちさんの会社の近くじゃないかな・・・
栃木県の会社なのに
栃木県に工場のあるバスメーカーのバス
少ないみたい・・・
2013.01.14 Mon l 1192. URL l 編集
1192さん
実は、このトンネルの中を歩いて出口まで行ってる人のブログがあるのですが、
煉瓦の痛みもなく、外れたり落ちたりもしていなくてとっても綺麗なんです。

東野鉄道は、現在は東野バスとして、主に東野鉄道が通っていた方面の路線を細々と運行しています。
宇都宮の町中は、東武駅までしか走っておらず、関東バスに圧されててほとんど見られません。寂しいですね。

東野バス本社にはいろいろな資料が保管されているのでしょうか・・・
2013.01.14 Mon l 白たい. URL l 編集
ネコパブ
RMライブラリーNo,13が
東野鉄道だけど
あの写真は、いろんな所から
集めているようだけど
やはり そもそもの鉄道会社が
一番持ってるんじゃないかなー
2013.01.14 Mon l 1192. URL l 編集
1192さん
ですよね~
だから!私は常日頃から息子に言っているのです!

F河会社に就職してくれ!! と^^;
2013.01.14 Mon l 白たい. URL l 編集
なるほど
それは、良い手かも
極力、本体に近い方がいいでしょう。
私は、以前、頭の漢字がいっしょの
グループ会社の方に足尾の話を
したことがありますが
それ自体知らない方でした。
やはり近いところでないと・・・
2013.01.14 Mon l 1192. URL l 編集
1192さん
そうなんですかぁ~
グループじゃダメなんですね。
じゃぁ やっぱ 機械金属に入ってもらわないと!!
就職試験に 会社の歴史とか創設者の伝記とかでないんですかね

それだったら 白たいトップで入れるかも!(汗)
2013.01.15 Tue l 白たい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sirotainikki.blog.fc2.com/tb.php/123-cca44bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)