母の実家に行く途中によく見かけていた廃墟
一度お邪魔したいと思ってたよね~  フフフ・・


ということでお邪魔しま~す(^▽^)/

DSC01660.jpg


足尾の深沢地区をイメージする作り

DSC01659.jpg

DSC01656.jpg


DSC00419.jpg


母の記憶では、母が若かりし頃『お蚕さん(おかいこさん)』をやっていたおじちゃんとおばちゃんが住んでいたらしい。
でもいつの間にか空き家になっていた。とのこと。

う~ん アルジがいなくなってどれくらい経つんだろうか・・・
ここには確かに人が住んでいて、この家で過ごした人の人生があり歴史があった。
そういうノスタルジーを感じる事が出来るのは廃墟の魅力です。


※ 残念ながら今はもう残っていません


関連記事
スポンサーサイト
2012.12.26 Wed l 白たい廃探索記 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

ん~
よくこのような頃を見つけますね
でも既に取り壊されているとのこと
誰かが保って住んでいるとよかったのですが・・
2012.12.26 Wed l とち. URL l 編集
昔の
社宅という感じですネ
昔の家は、今とは違い
気密性が悪いので
寒かったでしょうね
但し、昔の暖房は
火鉢だったりするので
適度な換気が必要でしょうから
気密性が悪くてちょうど良かったのかも・・・
2012.12.27 Thu l 1192. URL l 編集
とちさん
いかにも!
お子さんはいなかったのか・・・残念です(/。\)
2012.12.28 Fri l 白たい. URL l 編集
1192さん
そーなんです。でも社宅ではなく完全な一軒家でして、この奥に「おかこさん」の納屋のような建物がありました。
どちらもすきま風がピーピーいいそうで新聞紙があちこちの壁に貼ってありました^^;
2012.12.28 Fri l 白たい. URL l 編集
古屋
7年前まで住んでいたウチに招待したかったなぁ
廃墟じゃないけどこんなアルミサッシが全くない家でした
二階の8畳・6畳の続き間は北側に壁があって床の間と書院造りの棚、他3方は腰高窓と掃き出し窓なんで料亭みたいでしたよ
大きな地震が来ると崩れそうに思ったので取り壊して今の家を入手しました
2012.12.29 Sat l テンジン. URL l 編集
テンジンさん

木枠の窓に書院造り・・・
お~!!!なんて羨ましい!

是非ともお邪魔したかったです
2012.12.30 Sun l 白たい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sirotainikki.blog.fc2.com/tb.php/113-c38181b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)