上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
3年前に『ゲレンデ蔵王』を見て以来の583系が近くを走る。という情報をもらったので、さっそくLet’Go!

水戸にある偕楽園にて撮影!
この時は、スゴイ数の撮り鉄が脚立持参で待機していて、端っこから必死に撮った。

583系@偕楽園


↑の画像をプロの方に編集していただくとこう↓なります。
スゴ~い全然違います!

583系@偕楽園2


こちらは、宇都宮駅にて撮影

583系@宇都宮


ちょっとアクシデントがありまして「お顔」が撮れず、「お尻」だけになってしまったんだけど・・・

583系@宇都宮2


なんかさ・・・センスがないことを身に染みて思い知らされた感じ

583系@宇都宮1


昭和に活躍した列車 大好きだけど私に鉄道写真は限界を感じてしまった・・・。

スポンサーサイト
2015.06.29 Mon l 鉄道 トラックバック (0) l top
生野銀山を後にして、次の目的地へレンタカーを走らせていると、途中に(神子畑選鉱所よりも手前あたり)とっても素敵な橋が見えてきた。

ikn1255.jpg


調べてみたけど、橋の名前も作られた時期も全然わからない。

ikn1257.jpg


電車 来ないかな~と思って少し待ってみたが来る気配なし。
ん~ 残念

ikn1258.jpg


ikn1259.jpg


こっちは、発電所らしき跡

ikn1248.jpg


ikn1252.jpg


上~の方に遺構も残っていた。
はっぱが伸びすぎててよく見えない。やっぱこういうとこに来るのは冬だよね・・・

ikn1250.jpg


鉱石の道(一円電車の廃線跡)がよく分かる。

ikn1241.jpg


さて、日も傾いてきたし時間がないので先へ(神子畑選鉱所)急ぎます。


2015.06.27 Sat l 生野・神子畑 トラックバック (0) l top
「史跡 生野銀山」 の入り口にやって来ました。
本来なら一番に入るとこなのに、一円電車のとこで1時間も費やしてしまった

ikn1112.jpg


生野銀山のマネキンたちは、お役人さまに限らず鉱夫さんもすべて超イケメンだった

ikn1118.jpg


フランス人技師の『ジャン・フランソワ・コアニエ』氏
この方がいなかったら、日本の鉱山はどうなっていたか・・・

ikn1123.jpg


生野代官金香瀬番所 (いくのだいかんかながせばんしょ)
「通行手形のない者 立ち入り禁止」
ないけど、入っちゃったもんね~

ikn1126.jpg


狸堀り の跡

ikn1132.jpg


下川戸坑口

ikn1133.jpg


出賀坑口

ikn1136.jpg


レンガだ!
この感じは「イギリス積み」。何が建っていたんだろ・・

ikn1139.jpg


露天掘り跡

ikn1141.jpg


辰巳坑口

ikn1142.jpg


名もない坑口だって見逃しません。

ikn1143.jpg


荒木坑口

ikn1144.jpg


小日向坑口

ikn1145.jpg


覗こうとしたら 「毒まむし注意!!」っていう看板があったのでクジけた。

ikn1147.jpg


金香瀬坑口の近くによると、明らかに温度が低い涼し~い風が吹いてきた。
坑道に入ると・・・

ikn1235.jpg


坑内のマネキンくん達もやはりイケメンだ

ikn1161.jpg


ikn1184.jpg


立坑を覗く

ikn1189.jpg


巻き上げ機もスケールが違います

ikn1213.jpg


その上を見上げると・・・ロープに乗ってこの上に行きたい

ikn1216.jpg


鉱夫さんたちが、出勤する風景

ikn1218.jpg


ここの他にも別の坑口とか鉱山住宅とかありそうだよね… ニヤリ


2015.06.24 Wed l 生野・神子畑 トラックバック (0) l top
新神戸駅で降りてレンタカーを借りたらGO!
異人館やポートランドなどには見向きもせず向かった先は「生野銀山」(いくのぎんざん)
1時間ちょい走っていくと・・・目の前にズリが!
キターーーーーーーーっ\(^∇^)/

ikn1075.jpg


とぉ~~~~~くに鉄柵が見える

ikn1076.jpg


もうすでにテンションMAX

ikn1078.jpg


ズリ をよ~く見ていると んんっ!?

ikn1080.jpg


ズーム で見るとなんかの遺構発見♪
今回は、Fujiの36倍ズームでパチリ
こういう時は高倍率のカメラに限ります!(ガスってるけど

ikn1082.jpg


そして、「生野銀山」の史跡までくるとまず目に入ったのが
なんと一円電車 じゃないかぁ!

ikn1098.jpg


説明版がありました。

ikn1102.jpg


次に行こうとしている神子畑選鉱所にあるはずの一円電車が生野にもあったとは!!

ikn1101.jpg


なんか感動~

ikn1099.jpg


扉が開いているのでお邪魔してみると

ikn1104.jpg


せまっ!
白たい一人で長椅子の半分を占領してしまった。
定員15名って書いてあるけど絶対無理だよ

ikn1105.jpg


ikn1106.jpg


ikn1107.jpg


ikn1110.jpg


ロッカーショベルと鉱石運搬車。

ikn1094.jpg


ikn1096.jpg


ikn1111.jpg


こっちも、ロッカーショベルと鉱石運搬車
一円電車のとこにあったのとは、違ってきれいに塗装されて保存されていた。

ikn1120.jpg


ikn1121.jpg


次は、生野銀山の史跡の中に入っていきます。

2015.06.22 Mon l 生野・神子畑 トラックバック (1) l top
アイスクリームがおいしい季節になってきました。
とゆーことで、レモン牛乳シリーズの新商品
『レモン牛乳アイスクリーム ソフトクリーム』のタイプです。

remon02 (1)


箱から出してみると、案外ミニチュアでした。まぁ お徳用パックだから仕方ないか
でもおいしい~

remon02 (2)


パッケージを見てみると・・・いつものレモン牛乳シリーズと同じくレモン牛乳10パーセント含まれている♪
あっでも レモン牛乳製品ですから、もちろん「無果汁」です
お見かけした方はぜひお試しくださいマセ~


2015.06.14 Sun l レモン牛乳シリーズ トラックバック (0) l top
少し走ると、赤レンガの隧道が見えてきた。
やっぱり好きだなぁ~(* ̄∇ ̄*)

tht0148.jpg


単線だった線路が復線になり、それまで使っていた隧道に付け加えたのがよく分かる絵1
お分かりいただけるだろうか・・・ 隧道のつくりが全く異なり、平らだった道路も極端に坂道になっている。

tht0149.jpg


単線だった線路が復線になり、それまで使っていた隧道に付け加えたのがよく分かる絵2
隧道の天井を見ると、レンガの造りとコンクリートの作りが一目瞭然。

tht0145.jpg


大正9年製の橋台のモニュメントが複製してあった。

tht0729 (3)


ここは、平成10年に起きた大洪水で黒川が氾濫してここにかけてあった旧線時代からの橋台が決壊してしまったため、新しい橋が架けてあったが、歴史あるレンガの橋台は残してくれたらしい。(かなりミニチュアになっていた)

tht0729 (2)


tht0729 (1)


黒川橋梁に向かって白河方面を望む。
ここにまっすぐとしたレールが敷かれていた。

tht0154.jpg


その下には、レンガの遺構が残っていた。

tht0156.jpg


下に降りてみます。

tht0157.jpg


とってもキレイなトンボが止まっていたので思わず1枚。
あとで教えていただいたんだけど「ニホンカワトンボ」 という名前だそう。
黒川には、この他にも綺麗なトンボやホタルが飛んでいるらしい。
これはぜひ見てみたい♪

tht0159.jpg


反対側になって分かりずらいがかの有名な?黒川橋梁
目の前で見ると、迫力ありました。

tht0162.jpg


白坂駅のホームから旧線跡を望む。

tht0168.jpg


おまけ

tht0193.jpg


今回は、前々から一度は訪れたいと思っていた旧東北線の廃線跡が見られ、色々な赤レンガ遺構も見ることが出来たて実に楽しい廃線探索が出来た。ありがとうございました。

ん~出来たら、さらのこの先にも行ってみたいなぁ~・・・。


2015.06.07 Sun l 廃線 トラックバック (0) l top
途中で見たレンガの隧道
向こう側の景色が写ってきれいだった

tht0124.jpg


そして、余笹川橋梁まで来ました。
こちらは、黒磯側の橋台
お分かりいただけるだろうか・・・?
赤レンガの橋台と、現在の新線(上り線)との間に空間があるのを。

tht0127.jpg


ここは、白河側の橋台

tht0133.jpg



tht0131.jpg


いい眺めだわ~

tht0132.jpg


このレンガの隧道もたまりません。

tht0141.jpg


レンガに包まれると落ち着いた気分に浸れるのは、白たいだけだろうか・・・

tht0142.jpg


反対側から

tht0144.jpg


次の場所へ・・・
どんどん行きます。

2015.06.06 Sat l 廃線 トラックバック (0) l top
前回の旧那珂川の橋梁の跡
から、高久駅付近の熊久保地域までやってきました。
線路の左側に旧線があった。
画像ではわかりにくいけど、良い感じのカーブが旧線跡を物語っている。

tht0111.jpg


tht0113.jpg


高久駅のホームに行くと、ちょうど上り列車(E721系?)が到着した
2両編成のオシャレな車輌だった

tht0114.jpg


高久駅の上りホームから旧線を望む
旧線は、高久駅を横切ったかたちで敷設されていたそう。

tht0115.jpg


その反対側。

tht0117.jpg


高久駅からほどなく北に進むと・・・EH500?が通り抜けていった。
上のガードレールのとこが、旧線時代の線路があった部分。
昔はこんな勾配を上っていたんだから大変だったよね

tht0122a.jpg


現在の線路の位置との高低差がよくわかる

tht0120.jpg



次の場所へGO!
2015.06.03 Wed l 廃線 トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。